悪玉コレステロールをやっつけるのにイマークsは効果的?

健康診断で、コレステロールの値が高くて医者から注意を促されたという経験はありませんか?コレステロールには、HDLとLDLという2種類あります。その中でもLDLと呼ばれるコレステロールが、私たちの体に悪さをします。このため「悪玉コレステロール」とも言われているのです。

 

LDLがなぜ問題かというと、血管壁の傷ついている所に付着してしまうからです。LDLがどんどん血管に付着すると、その分血液の通り道はどんどん狭くなってしまいます。そうすると動脈硬化や高血圧症の原因となります。場合によっては、脳梗塞や心筋梗塞など処置が送れれば命を落としたり後遺症が残ったりする可能性も出てきます。

 

実はこのコレステロールは、中性脂肪と密接な関係にあるといわれています。HDLは善玉コレステロールといわれていて、血管にこびりついたLDLをはがして肝臓に届ける役割を担っています。ところが中性脂肪が血液中で多くなってしまうと、HDLの数が減少してしまうのです。

 

そうすると、LDLがどんどん血管壁に張り付いてしまって、動脈硬化が進行してしまいます。LDLが体内で悪さしないようにするためには、中性脂肪をいかに増やさないようにするかが重要なのです。ニッスイから販売されているイマークsは、中性脂肪を下げる効果のある健康飲料として注目されています。

 

イマークsの中性脂肪に関する効果は、人間を対象にした実験でも立証されています。被験者に12週間イマークsを飲ませたところ、中性脂肪の値が平均20%も減少しました。イマークsを飲む習慣をつけて、中性脂肪と悪玉コレステロールの値を増やさない対策を講じるのはいかがですか?

イマークSはどんな商品?

定期コースの案内


定期コースの案内