1日の中でイマークsの飲むタイミングはどこが効果的なの?

イマークsは医薬品ではなく、トクホです。よって、薬のように食前や食後のような絶対にこのタイミングに服用しないといけないというルールはありません。ただ、もしより高い効果を実感したいと思っているのであれば、食後にイマークsを摂取した方がいいといいます。

 

なぜかというと、私たちは食事をして食べ物を体内に入れると、消化酵素が出てきて食べ物を消化・吸収します。このタイミングでイマークsを飲めば、イマークsに含まれている有効成分も消化酵素の働きによって、より効率的に体内に取り込めるわけです。

 

そしてもっと突っ込んでいうと、飲むタイミングとして理想なのは朝食と昼食の後です。朝食や昼食をとった後、一般的な生活のリズムで過ごしている人の場合、その後しばらくの間は何らかの活動をしています。夕食の後は眠るだけという人が多いので、それほど活動的ではありませんね?活動時間の長いタイミングで飲んだ方が、イマークsの効果は出やすいのです。

 

会社勤めをしている人は、簡単な食事をした後で、出がけにイマークsを飲む習慣をつけてみてください。またイマークsはそれほど大きな容器には入っていません。手軽に持ち運びできるサイズなので、カバンの中に入れて昼食をとった後に飲んでみるのもいいです。

 

イマークsは発売当初、常温保存ができませんでした。しかしリニューアルした現在販売されている新バージョンの場合、常温保存が可能になりました。その結果、カバンの中に入れて昼食後に飲むことにも問題はなくなりました。朝食と昼食にイマークsを飲むという習慣をつける所から、中性脂肪対策を始めてみてください。

イマークSはどんな商品?

定期コースの案内


定期コースの案内